oniyome1.bmp oniyome2.bmp

高知東生:鬼嫁日記いい湯だな

高知東生:鬼嫁日記いい湯だな

銭湯近くの理容店を、妻の久美(鈴木砂羽)と一緒にやっている。

一緒にやっているといってもあまり働かず
店は久美に任せっぱなし。

レジからこっそりお金を抜き取ることも(>。<) 
遊び人でいろいろな遊びや悪事を知っている。
亭主関白ではなく妻をおだててこっそりと遊ぶタイプ。

一馬(ゴリ)や竜五郎(加藤茶)と仲良くなり、彼らを悪の道に引きずり込もうと悪魔のささやきをする。
早苗(観月ありさ)のことを「あんな嫁よく平気だな」とボロカスに、、。一馬はバレたときが恐いので必死に誘惑に耐えるが
しときどきは誘惑に負けてしまい後でとんでもないことに、、。
takachi_06.jpg

鈴木砂羽:鬼嫁日記いい湯だな

鈴木砂羽:鬼嫁日記いい湯だな

さぼりもの健作の妻。
夫が働かないので,実質店を切り盛りしている働き者。
夫の遊びも容認している。
夫に対して甘い妻!?
だから夫婦関係がうまくいっていると定評がある。

しかし、早苗(観月ありさ)はそんなの許しちゃダメだと出しゃばって、彼女を感化し、
次第に鬼嫁化して行く。
仕事を持っている久美を見て早苗(観月ありさ)はうらやましいと思うことがある。
suzuki_06.jpg

野際陽子:鬼嫁日記いい湯だな

野際陽子:鬼嫁日記いい湯だな

近くの寺に住む尼。

威厳と温かみを兼ね備えており
仏の道への造詣も深く
地区の人々の尊敬を集めている。
遠くから彼女の法話を聞きに来る人もいるようだ。

早苗(観月ありさ)や一馬(ゴリ)たちがバカバカしいことでドタバタやっているのを見ては、本質をついたお説教をしてくれるが早苗(観月ありさ)が自ら彼女に相談しに行くこともある。

でもよく聞くとトンチンカンなアドバイスをして余計に事態をややこしくしている気も、、、。

一馬や竜五郎(加藤茶)は、彼女を煙たく恐ろしい存在だと思い逃げ回る。
しかし彼女は神出鬼没で
計ったように一馬たちの前に現れ、悪事を見つかってしまう。
nogiwa_06.jpg

蛯原友里:鬼嫁日記いい湯だな

蛯原友里:鬼嫁日記いい湯だな

カリスマモデル。
近くにスタジオがありたびたび撮影にやって来る。
撮影のシーンでは毎回色々なファッションを披露。

ときどき近くのコンビニに出現し、
早苗や一馬たちの間で見た、見ないといって話題となる。

一馬にとって彼女は憧れの存在でお近づきになりたいという夢を抱くが
いつもギリギリのところでなかなか会えない。

早苗は芸能人だからと物おじしないので普通に話しかけ
仲良くなる。

毎回お寺で観月ありさやみんなに前でワンポイントレッスンを披露する。
たとえばヨガとか。。

強引な成り行きだけど筆者のお気に入りコーナー^^

ebi_06.jpg

加藤茶:鬼嫁日記いい湯だな

加藤茶:鬼嫁日記いい湯だな

一馬(ゴリ)の父親。
銭湯をやっている家に婿入りしてずっと銭湯を営んで来た。
しかし実質は、妻(一馬の母)が店を切り盛りしており、竜五郎は典型的なグータラ亭主。
しかもスケベで遊び好き⇒その性格はそのまま一馬に受け継がれている。
妻がしっかりしていたから銭湯はもっていた。

妻が他界すると、もともと仕事への意欲はないので一人でやっていくのが嫌になり、一馬を呼び寄せて仕事をさせようと考えた。その上、早苗(観月ありさ)がいれば炊事・洗濯などもやってもらえるだろうと、、、。
そのもくろみは、ハズレではないが、早苗の鬼嫁度は竜五郎の予想を遥かに超えたもので。。。
竜五郎は一馬と同様に、早苗にあるときは叱られ、あるときはコキ使われるハメに、、。

「こんなはずじゃなかった」という竜五郎だが、それでも隙あらばサボッたり悪事に手を出したりしようとする。一人寂しく過ごすよりも、苦労も多いけど賑やかなこの生活がけっこう気に入っている。

毎回、番組終了間際に仏壇にむかって「最近こうでよ〜」とか「一馬がああでよ〜」とかほのぼのとした顔で亡くなった奥さんに語りかける。
筆者のお気に入りのシーン(^^)

katou_06.jpg

ゴリ:鬼嫁日記いい湯だな

ゴリ:鬼嫁日記いい湯だな

善人。
二枚目でもなくエリートでもない。
割と毛深い。。(ほっといたれよ(´〜`;A)

早苗(観月ありさ)を恐れているくせに、浮気心やサボりたい気持ちは人一倍ある。
妻への恐れと悪事への誘惑の間でいつも揺れ動き、結局は誘惑に負け、、、、、そして当然のごとく悪事はバレて早苗にやられてしまう。。。

今回は、銭湯の仕事を観月ありさや加藤茶と一緒にやっていくことでより多くの問題に直面し、
夫婦とは何か、家族とは何かということを
考えさせられる局面が増える。

以前やっていた「鬼嫁日記」というブログをまたこっそりと再開。
gori_06.jpg

観月ありさ:鬼嫁日記いい湯だな

観月ありさ:鬼嫁日記いい湯だな


わがままで傍若無人。

でも天真爛漫で悪意はなく家族をそこはかとなく愛している。
何をやっても憎めない。

主婦業に関してはプライドを持っている。
夫の一馬が実家の銭湯を継ぐことになるが
自分はあくまで主婦なので銭湯の仕事はしないと主張。
しかし身の回りで色々なことが起こるとつい口を出し、
やがては銭湯の仕事にも首をつっこんで行くことに、、。  

また一馬の父・竜五郎(グータラでちゃらんぽらんな舅)が生活に加わったことで、彼女の鬼嫁ぶりもその分パワーアップ!!。
前作では新興住宅地が舞台で周囲にいるのは同じような生活環境の人たちだったが、
今回の舞台はさまざまな人たちが渾然一体となって暮らしている都心。
早苗もいろいろな人たちと触れ合いを通して少し大人になったりする。
miduki_06.jpg

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。